冷えと毛穴の関係とは。あらゆる不調をもたらす冷え

体の冷えは内臓からはじまり、毛穴の黒ずみまで影響が現れる

冷え性は女性に多く、年齢も幅広い方が悩んでいます。

 

実は、冷え性は体の表面である肌の状態にまで影響しています。
冷え性を改善することは、肌の状態を良くするだけでなく、内臓の状態も良くすることができるので、身体全体トータルで若返ることにつながるのです。

 

血行をよくして冷えをとることが美肌をつくる

冷えと毛穴の黒ずみ
そもそも、冷えと血行の悪さは切っても切り離せません。
体の表面まで栄養を運んだり、老廃物を取り除いたりしているのはもちろん血管です。
冷えると、その働きが悪くなるのは当たり前ですよね。

 

体が冷えることが内臓の調子を下げ、肌表面の毛穴がつまったり、ニキビができたりする原因の一つでもあるんですね。

 

でも、冷え性改善対策は、今日からすぐにできるものばかりで、すこぶる簡単なことなのです。

 

・軽度の運動を続ける
・温野菜をとったり、冷たい飲み物を避けたりなど食生活を改善する
・肌を露出しすぎない
・シャワーだけの入浴をやめ、時間をかけてぬるめのお湯で温まる

 

冷えをとる方法は、ぱっと思いつくだけでもいろいろあります。
しかし、忙しい毎日で実行したくてもできないことがたくさんありますよね。

 

そんな中でも、誰でもすぐ実行できる一番簡単な方法は、ゆったりお風呂につかることです。
黒ずみ解消にゆっくり入浴
毛穴の黒ずみは、角栓がつまっている場合とてもガンコなので、ゴシゴシあらったくらいでは取れません。
でも、温まった状態で肌に上記をあびることで、角栓が取れやすい状態になるのです。

 

十分温まった状態で、クレンジングを行うとさらに黒ずみがとれやすくなります。
もちろん、ゆっくりお風呂に使って血行を良くすることは体の中身にもいいことだらけだし、
何より全身リラックスすることができるので毎日疲れているひとこそ、すぐに実践してほしいものです。

 

毛穴を温めながら和漢で角質を柔らかくするクレンジングは「ビオルガ」
クレンジングビオルガクレンジングのレビューを見るにはここをクリック

 

肌に疲れを感じたら冷え取りを意識する

毛穴の黒ずみに限らず、肌のくすみや乾燥などにも血行不良が関係しています。
入浴だけでなく、冷えをとるには下半身を温めることが有効です。

 

昔から「頭冷足温」といって、頭は冷たい状態に、下半身は温めると調子がよいといわれてきました。
ひざ掛けや靴下の重ね履きで、積極的に冷えをとりましょう。

 

毎日の運動は肌のためにも重要

血行を良くするためには、やはり運動が一番の近道です。毛冷えをとるには有酸素運動が最も効果的ですし、肌だけでなく内臓も温まるので、肌へのターンオーバーを促して結果として美しい肌へ導いてくれます。

 

無理せずに話ができるくらいの強度で運動して、入浴、を継続していくと、いつのまにか肌の状態が改善して、毛穴の黒ずみも気にならないほど改善しているはずです。

 

トップへ戻る