クレンジングの正しい方法とは

クレンジングをする理由とは?肌を乾燥させないクレンジングが重要

クレンジングをする理由をしっていますか?
クレンジングの基本

 

メイクをしたら、当たり前のようにクレンジングをしていると思いますが、ちゃんと理由があります。

 

メイクは洗顔石鹸や洗顔フォームでは落としづらい成分でできています。アイメイクなどのしっかりメイクはまず石鹸では落とせません。
しかも、メイクがそのまま肌に残ってしまうと乾燥や肌荒れの原因になるのです。

 

ただの洗顔では落とせない成分が肌に残ると良くないので、専用のクレンジングで化粧を落とすのです。

 

メイクや日焼け止めは油性という性質があります。
水で落とせる絵の具と、水でおとせない油性マジックの違いを想像してもらったらその強さがわかりますよね?

 

そうすると、この油性のメイクをおとすには強い洗浄成分が必要だということがわかります。
クレンジングの洗浄力は、クレンジングの種類によって変わってきます
→関連記事「毛穴黒ずみにオイルクレンジングはダメ?

 

力を入れずに摩擦しないで、すばやく洗い流す

クレンジングで何より気を付けたいのは、商品よりもやりかたです。

 

どんなによい成分が配合されていても、正しいやり方でクレンジングしていないと、肌を傷める原因になるのです。

 

商品の適量を守る

「たくさん使ってしっかり落とす」、も「少なく使って潤いを守りたい」も間違いです
商品に指定してある量がいちばん効果がある量なので、自分で勝手に調整しないようにしましょう。

 

ゴシゴシはNG

クレンジングの量を少なくしてしまうと、メイクとの馴染みが悪くなりメイクの落ちも悪くなってしまいます。
肌にメイクが残ったままになると、酸化して肌荒れの原因になったりしますし、
ゴシゴシこすってメイクを落とそうとするだけで肌に必要以上の摩擦をしてしまうことに。

 

摩擦などの肌への刺激が多いと、シミやくすみの原因になりますし、
乾燥してしまうと、毛穴の黒ずみやニキビの原因になってしまいます。

 

メイクは適量をつけて溶かして、浮いたところをきれいに洗い流してとる、という基本をしっかり守るのがおすすめです

 

ポイントメイクは専用のリムーバーを使う

アイメイク色素沈着
また、アイメイクなどのポイントメイクはファンデーションなどより落ちにくいのが普通です。

 

クレンジングの中には、一気に落とせるというものもありますが、あまりおすすめできません。
強いクレンジングは、肌トラブルに悩んでいる人は絶対使っちゃいけない、くらいに思ってください!
アイメイクを落とす強さのクレンジングで全体を洗うということは、必要以上の洗浄力で洗っている部分があるということです。

 

中途半端なクレンジングで洗っていると、目元は色素沈着の原因になります。
きちんと洗って、素肌にもどすことが大事なのです。

 

まとめ

クレンジングの手順

 

(1)アイメイクなどのポイントメイクを専用リムーバーで落とす
(2)顔全体を刺激が少ないクレンジングで洗顔する
(3)すばやく、やさしくぬるま湯で洗う
※ こすりすぎない。マッサージしすぎない

 

 

トップへ戻る