オイルクレンジングで黒ずみが悪化する?

オイルクレンジングは洗浄力が強すぎる?

オイルクレンジングの功罪

普通にお店においてあるオイルクレンジングは、たいてい肌に強い負担をかけます。

 

メイクは油分をなじませないと肌から落とすことができませんが、そのオイル自体を落とすためにも強い洗浄力が必要になります。

 

油分と水分をなじませるために、界面活性剤が使われています。

 

界面活性剤は、その質と量によって肌へどれだけの負担をかけるかが変わってきます。

 

メーカーによる違いはありますが、タイプによって、または肌につけている時間によって、肌への負担も大きくなるのです。

 

ただし、使用されているオイルそのものが酸化しにくいものだったり、肌に負担をかけにくいものもあります。

 

なにより、オイルクレンジングはメイクを肌から落とす時間が短いので、落ちにくいクレンジングでいつまでも肌をゴシゴシこするよりも良いという一面があります。

 

ですから、オイルクレンジングというジャンルが肌に対して悪者であるとは言い切れません。

 

毛穴による黒ずみがとくに気になる人は、肌を傷めない、こすらなくても落ちるクレンジングを選ぶのが鉄則です。

 

オイル、ノンオイルにこだわる必要はありません。

 

それよりも、摩擦が少なく肌を傷めにくいダブル洗顔がいらないクレンジングを選ぶようにします。

 

メイク落としのタイプと特徴

 

刺激最強

シートタイプ 界面活性剤を多く含むため刺激が強く、肌をこする刺激がシミの原因になることもある

 

リキッドオイルタイプ 界面活性剤が多く含まれ、商品によっては肌への刺激が強い。

 

刺激普通

ジェルタイプ 普通肌でスタンダードなタイプ。摩擦せずに短時間でスルッと落とすことができるタイプがおすすめです

 

刺激やや少ない

クリームタイプ 肌に優しいが、洗浄力が弱いのでこすりすぎに注意

 

ミルク 全般的に低刺激だが、ファンデーションとのなじみがよくない商品は、肌をこすってしまうこともある。

 

炭酸タイプ肌の上でとろけて勝手にメイクを浮かす。比較的肌に優しい

 

まとめ

洗いすぎによる肌の傷み、乾燥が毛穴をいため、黒ずませる原因にもなります。

 

毛穴だけでなく、シミ・しわなどの将来への備えのために20歳を超えたら肌への刺激が
少ないクレンジングへ変えましょう。

 

トップへ戻る

 

PR