毛穴つまりでニキビが出来やすい人の対策

ニキビの原因とスキンケアの基本

ニキビ

 

ニキビができるきっかけは皮脂と古い角質で毛穴をふさいでしまうことです.

 

でも、そもそもなぜ毛穴がふさがってしまうのかその理由は本当に様々で、原因を一つに特定することは難しいです。

 

ニキビができてしまったときの日常生活での対応から、繰り返さないための予防方法をご紹介します。

 

大人にきびの直接的な原因は角質が厚くなること

 

 

ニキビは、毛穴の角質が分厚くなり出口がせまくなることからはじまります。

 

毛穴の出口が完全にふさがってしまうと中で分泌されている皮脂が出られなくなります。

 

溜まって詰まった皮脂を養分とするアクネ菌が肌に過剰繁殖してニキビになります。

 

ニキビのできはじめから治まるまで

 

ニキビはある日突然できたように見えますが、少しずつ段階を経て現れるのです。

 

すべてのニキビが同じ段階をたどるわけではありませんし、途中で自然と治るものもあります。

 

 

(1)毛穴出口の角質が厚くなる

 

毛穴の出口の角質が固く分厚くなり、出口がふさがれて中に皮脂が詰まり出す状態です。

 

この段階では目に見える変化はありません。

 

(2)白ニキビができる

 

毛穴に白い油分がぷっくりついているのが見える状態のことで一般にコメドと呼ばれています。

 

毛穴に常在するアクネ菌がたまった皮脂をエサに繁殖して炎症を起こすのですが、白ニキビの段階で治療すると跡が残ったりせずにきれいに治ります。

 

開放面疱(かいほうめんぽう)

 

毛穴の出口が少しばかり開いている状態の面疱で、表面の皮脂が酸化すると黒く変色して固まる黒ニキビになることがある。

 

閉鎖面疱(へいさめんぽう)

 

毛穴の出口が閉じてしまい、大きな炎症を起こしやすい状態。触ると大きな芯が感じらるようになり毛穴の内部で膿んだりすることがある。

 

(3)炎症が起こりる。赤ニキビになる

 

赤ニキビとは、アクネ菌がふさがった毛穴の中で増殖し、血液中の白血球が活発化してアクネ菌を攻撃しはじめる状態のことです。

 

表面からもはっきりとわかるようになります。

 

(4)炎症が悪化。皮膚の深いところで膿ができる

 

ブヨブヨとした膿を持ち始め毛穴の壁の部分が壊れ、周囲の細胞にかなりの炎症が飛び火しかなりの痛みを伴う状態です。
黄ニキビと呼ばれる状態で、真皮という肌の奥の部分にまで達しているため跡が残りやすくなっています。

 

黄ニキビをつぶしてしまうと、ほぼ確実に陥没したような跡残りをしてしまうので絶対につぶさないようにします。

 

(5)一番悪化した状態。毛穴の中に膿と血が混じった紫ニキビ

 

紫ニキビになると、重度の症状なので皮膚科に行って切開をしたりステロイドを注射したりと積極的に医療行為を行うことになり、もはや自力で治すことは不可能です。

 

大きな傷跡を残さないためにも一刻も早く皮膚科を受診しなければなりません。

 

(6)ニキビ跡ができる

 

炎症が静まったあと、ニキビ跡ができるかどうかは、最終的にニキビが1から5までのどの段階まで進んだのかによって変わります。

 

(3)の赤ニキビ以降の状態になると跡が残りやすくなりますが、よっぽどひどい状態まで炎症させなければ残らないことが多いです。

 

クレンジングと洗顔は洗いすぎるとニキビが悪化する

 

ニキビができはじめると気になって1日に何度も洗いすぎてしまう人がいます.

 

でも、肌は洗顔2時間後には皮脂の量が元に戻ります。

 

皮脂を取り除きすぎることで余計に皮脂が分泌されて毛穴が詰まりやすくなることも。

 

また、皮脂を取って肌が乾燥する時間が増えるほど角質が固く分厚くなります。

 

ニキビができても洗顔は朝晩の2回までにしましょう。

 

ニキビを改善するための化粧品の効果的な使い方

 

おでこや鼻などの皮脂分泌が多い場所にできる思春期ニキビと違い、大人ニキビは「ほほ」や「あご」などの乾燥した場所にできやすいのが特徴です。

 

ほほやあごにできたニキビには、肌に保湿成分を与え乾燥を止めます。

 

炎症がおこっている赤ニキビ、黄ニキビでも市販のニキビ治療薬やニキビ用化粧品などは使わずに、刺激の少ない保湿化粧品でしっかりと水分補給を行います。

 

大人ニキビはニキビ治療薬などを使うと肌荒れや乾燥を加速させてしまうことが多いです。

 

大人のニキビ対策にはうるおいたっぷり、油分は控えめ、がポイントです。

 

ビタミンC誘導体は皮脂を抑えてニキビを予防

 

ビタミンCは肌の炎症や皮脂を抑えたりする効果があります。

 

でもそのままの状態では熱や酸化に弱く不安定で肌へ浸透ません。

 

肌に吸収しすい状態に加工したもビタミンC誘導が配合された化粧品を使います。

 

ビタミンC誘導体は水溶性のもの、油溶性のもの、水にも油にも溶けるもの、の3種類にわけられます。

 

肌の構造を考えると水にも油にも溶ける「APPS」と呼ばれるビタミンC誘導体が飛びぬけて肌に浸透しやすく、効果的。

 

ビタミンC誘導体はシミの予防にも使われており、赤いニキビ跡も薄くする作用があります。

 

ビタミンC誘導体が入っている化粧水や美容液をつけるときは、2,3回に分けてハンドプレスでしっかり肌に浸み込ませるようにつけます。

 

化粧水をつけるときに肌を引っ張ってしまうと負担になるばかりでなく、たるみの原因にもなるので注意しましょう。

 

睡眠と食事で免疫力をアップ!体内バランスを整える

 

ニキビは肌表面を整えるだけで予防することはできません。

 

ストレスやホルモンバランスの崩れなど体内にニキビの原因があるからです。

 

ニキビができたときの生活を考えるとたいてい、睡眠不足だったり暴飲暴食をしていたり過度なストレスで落ち込んでいたりしていることが多いです。

 

日常生活の乱れからくる免疫機能の低下は、まずたっぷり睡眠をとることから改善することができます。

 

休日だけ寝だめをすることは不規則なリズムをうむことになるので、毎日6時間以上の睡眠をコンスタントにとることを心がけましょう。

 

ニキビを治す食事と栄養素

 

ニキビを治すためには、和食を中心に野菜などの食物繊維やミネラルを積極的にとりましょう。

 

ビタミンA、別名βカロテンは抗酸化物質をたくさん含んでいて、活性酸素を取り除いて肌荒れを防ぎます。

 

βカロテンが入ったホウレンソウ、人参、かぼちゃ、ピーマン、ブロッコリーなど緑黄色野菜を煮物やお浸しなどで食べるとサラダよりもたっぷりとることができます。

 

ファーストフードやインスタント食品は、ニキビだけでなくあらゆる不調の原因になりますので、できるだけ避けます。

 

サプリメントでの栄養補給

 

しっかりした食事を作る時間も食べる時間もない、という時はサプリメントの力を借りて栄養バランスを整えても大丈夫です。

 

サプリメントでの栄養補給は手軽ですが、成分によって作用が違うので必ず用法・用量を守りましょう。

 

食べ物や栄養素を意識して次のニキビを予防しましょう

関連ページ

クレンジング基礎知識
毛穴ケアに一番大事なのはクレンジング。ですが、クレンジングの基本を間違えてる人はとても多いのです。ここではクレンジングの基本をおさらいしましょう
毛穴の黒ずみにオイルクレンジングはダメ?
毛穴の黒ずみに悩んでいる人は、オイルクレンジングをはじめ、使うのをやめた方がいいクレンジングタイプがあります。 自分の肌質に合わせたクレンジングを選んで!
毛穴が目立つのは角栓の酸化が原因
肌表面が乾燥してかたくなっていれば角栓の酸化が目立ちます。 洗いすぎることより保湿が大事!
肌の老化は20代からはじまる
20代だから、皮脂の分泌まだまだ!と思っていないですか?肌の老化のスタートはもう始まっています
油分を控えて保湿成分をたっぷり補おう
毛穴のためには油分は控えながらも保湿成分を補うことを忘れないで。ほかにはどんな成分がいい?
肌に負担をかけずに毛穴のつまりを取る方法
毛穴が詰まっているタイプの方へ自宅でできるデイリーケア
いちご鼻にオロナインは効果があるのか?
いちご鼻って知ってますか?毛穴がいちごのつぶつぶのように目立っている鼻です。 ちまたで話題になっている解消法は本当に効果があるのか、成分から検証します
冷えと黒ずみは関係があった?!毛穴黒ずみの意外な原因
体の冷えが毛穴の黒ずみの原因だったなんて!!
日焼け止めが肌に残ったままだと毛穴が黒ずむ原因に
化粧下地にもファンデーションにも入っている日焼け止めですが、クレンジングで落としきれなければ、毛穴の黒ずみの原因になってしまうことがあるんです。