サンスクリーンによる毛穴への影響とは

日焼け止めは基本的にクレンジングで落とす

日焼け止めで毛穴が黒ずむ

日焼け止めには、水をはじくタイプや汗で流れてしまうタイプなど、いろいろな特徴があります。

 

また、日焼け止めを化粧下地に使っていたり、化粧下地にしっかりした日焼け止め効果があったりと、日常使っている化粧品に日焼け止めの機能が含まれていることがほとんどです。

 

日焼け止めだけを使用して、ファンデーションを塗っていないというときでも、洗顔のときにクレンジングを使ってしっかりと落としておきましょう。

 

額の生え際の日焼け止めもきっちり落ちたのはリ・ダーマラボクレンジング

 

日焼け止めの成分は大きく分けて2種類。どちらも毛穴にとどまりやすい

 

日焼け止めに配合されている成分は「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の二つに分けられます。

 

「紫外線吸収剤」は文字通り紫外線を吸収する化学物質のことで、紫外線を吸収する際に肌の上で化学変化が起こります。この化学変化が肌に対しての刺激となり、近年はあまり使われなくなっています。

 

「紫外線散乱剤」は、紫外線を肌の上で反射する働きをします。金属を酸化させた「酸化チタン」や「酸化亜鉛」「酸化セリウム」や、細かい粘土質の粉である「カオリン」「タルク」などが、鏡のような膜を貼って紫外線を跳ね返します。

 

紫外線反射材は、紫外線吸収剤と比べると化学変化はおこしませんので、比較的肌にやさしいといえますが、粉末状なので皮脂を吸着し肌に残りやすくなってしまいます。

 

日焼け止めはどんなタイプでもクレンジングで落とす方が無難

 

最初に、ファンデーションや化粧下地にも日焼け止め効果が入っている商品がほとんど、と述べましたが日焼け止め成分は基本的にクレンジングで落としましょう。

 

ウオータープルーフでなければ、石けんだけで洗い流せると考える方も多いのですが、毛穴の黒ずみに悩む人にとっては、日焼け止めこそきっちり落としておきたい成分です。

 

肌にやさしいクレンジングでも、石けんより確実に日焼け止めを落とすことになり、毛穴の皮脂のよけいな酸化を防いでくれます。

 

また、ウオータープルーフタイプの日焼け止めを毎日使っている方は、クレンジングの後にしっかり保湿することを忘れないようにしましょう。

 

しっかり落とそうとして必要以上にこすりすぎると、肌の乾燥を招いてしまいます。

 

毛穴の黒ずみに乾燥は大敵ですので、ぜひ注意してください。

 

 

敏感肌にはパウダータイプのファンデーションで紫外線対策をすると毛穴にも効果あり

敏感肌の人には、パウダータイプの油分が少ないファンデーションで毛穴対策をおすすめします。

 

というのは、リキッドタイプのファンデーションには、酸化の原因となる油分もたっぷり含まれていますし、油分と水分を分離させないための界面活性剤もたっぷりと入っています。

 

毛穴の黒ずみの原因を少しでも減らすことで、今ある黒ずみはもちろん、将来の黒ずみを減らすことにつながります。

 


日焼け止めは、皮膚にとって有害な紫外線を防ぐのに、とても大切な役割を果たしていますので、日中は室内にいても、季節を問わずつけていたいアイテムです。

 

ただし、毛穴の黒ずみをはじめ、敏感肌など肌に不安がある人は、なるべく肌に刺激を与えないタイプを使うといいです。

 

紫外線について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

トップページへ戻る